FC2ブログ

プロフィール

本隆侍照久(or 本隆侍太膳)

Author:本隆侍照久(or 本隆侍太膳)
静岡県西部在住の横浜FCファン(サポにはなれてない(´・ω・`))(26)です。
住んでるところの関係で個人的に応援している選手もけっこういます。押谷とかね(´・ω・`)


カテゴリ


年別アーカイブ一覧


数字当てゲーム

数字当てゲーム!見事あなたの選んだ数字を当てて見せましょう!(5分ほどで終わります)

※質問は全部で4問あります。全て正確に答えて下さいね。

横浜FC


ブログランキング


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:その他サッカー
2012年になりましたね(´・ω・`)
新年のあいさつは別館の方にておこなっているので、こちらではスルーすることにして。
まともな記事としては実に久しぶりな今回は、さらっと2011年を振り返って2012年に期待を寄せていきたいと思います。

まずは私が気にしていたチームを挙げていきます。

横浜FC
FC岐阜
サガン鳥栖
京都サンガF.C.
ジュビロ磐田

他にも犬塚や古橋などを気にはしていましたが、チーム的には特に語ることはないのでスルーしておきましょう。


横浜FC
メンバー的には2011年も上位進出が期待されるシーズンだったはずですが、結果は20チーム中18位。なんとも悲しい結果に終わってしまいました……(´・ω・`)
このチームの気になったところは怪我人の多さです。レギュラーとして活躍を期待していた武岡は怪我で1シーズンまるごと棒に振った印象。渡邉が戻ってきたのもシーズン終盤でしたし、八角や寺田、井手口、西田といった選手が怪我で抜けていた時期も長かったように感じます。代わりに出ていた選手はそれなりに頑張っていたのではないかという感想すら抱けるほど、怪我人が多いですね。
たとえば名古屋もシーズン序盤は苦戦していましたし、後述する京都なんかも工藤が復帰してから好調になったりと、怪我人を少なくすることはシーズンを戦い抜くにあたって重要なポイントだと思います。昨シーズン最後に某人が戦力を補強するとか言っていましたが、それよりも現有戦力でチームとして100%の力を発揮すること、それをまず目指してもらいたいですね。
とにかく、今年はあまり期待しすぎずにシーズン開始を待ちたいと思います。

FC岐阜
2011年ももちろん押谷に注目したシーズンでしたが、こちらは期待していなかったとはいえそれ以上に悲しい結果に終わりました。とにかくシーズン通して守備が酷くて……それでいて改善しているようにも見えない。私は押谷さえ良ければ…くらいの視点だったのでダメージは小さかったですが、それでもやはり悲しい1シーズンでしたね。
個人的な救いといったらやはり押谷を使い続けてくれたことにあるでしょうか。ほとんどの試合をフルで出場させてくれたため、どの試合も最後まで楽しむことができました。岐阜の今シーズン数少ない良かった点としては、終了間際にゴールを入れて勝つことが挙げられるので、そこで喜びを共有することができたかと思います。ま、岐阜が終了間際のゴールで勝つことに関しては、その時間帯に勝ち越さなければ守りきれないという理由があるのでしょうけど(´・ω・`)
とにかく、押谷に関しては満足しました。来季は磐田に戻ってくるため岐阜の試合を観ることはほとんどないでしょう……(´・ω・`)

サガン鳥栖
このチームがなければ私個人としてみたら本当にただ苦しいだけのシーズンになったかもしれません。昇格してくれて本当に喜ばしいです。
注目していたのは専ら早坂。2点固め取りが多かったとはいえ、きっちり二桁ゴールの結果を残してくれて個人成績としても満足です。
今季はその早坂に加えて、船谷、犬塚といった個人的注目選手が加入したのでさらに注目。是非J1残留を達成してもらいたいところです。

京都サンガF.C.
他と比べて注目度は低いと言えど、このチームもそれなりに気にしていました。
もちろん気にしていたのは森下なのですが、2011年はチーム内で貴重な戦力として活躍したのではないでしょうか。シーズン終盤に調子を上げてきて天皇杯では決勝まで進出しましたが、そこでも見られたようにCBは非常に層が薄かったように思えます。その中で奮闘していたように見えるので、それなりの結果は残せたのではないのかなと、個人的に満足していたり。
思えば森下も加入当時はMFとしてサイドで使われてたりしたんですよね。でもやっぱりCBが見慣れているものです。来季はさらに活躍してチームはJ1昇格を達成してもらいたいものです(´・ω・`)

ジュビロ磐田
康裕のゴールから始まった2011シーズン。それがクライマックスだったかなといった感じです。もちろんチームとしてはスルガ銀行チャンピオンシップに勝利したりなどがありましたが、私にとっては瑣末なことなのです(´・ω・`)
2012年は康裕の更なる活躍はもちろんのこと、戻ってきた押谷にも期待したいです。毎年のごとく補強ポイントがずれてると感じられるこのチームのことなのでなかなか出場機会はこないかもしれませんが、逆境をばねにして頑張ってもらいたいですね。


とまあこんなところです。
今年はできる限り試合記事を作りたいなぁとは思いながらも、生活が変わりそもそも観ることのできない試合が増えるであろうことが予想されるので難しいと思われ。
でもその分、サッカーへの愛情を忘れずに試合を観たいと思います。
とことで、今年もよろしくお願いします(´・ω・`)ノ

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 本隆侍照久の館 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ